豆知識

クラウンの歴史

投稿日:2013年8月8日 更新日:

クラウンは現行で14代目となり、非常に歴史が長い車でもあります。

その歴史は50年以上あり、これだけ歴史の長い車はかなりめずらしいですね。
さすが日本を代表する高級車です。

初代クラウン 1955年~1962年 RS型~30系 2
代目クラウン 1962年~1967年 40系
3代目クラウン 1967年~1971年 50系
4代目クラウン 1971年~1974年 60系、70系
5代目クラウン 1974年~1979年 80系~100系
6代目クラウン 1979年~1983年 110系
7代目クラウン 1983年~1987年 120系
8代目クラウン 1987年~1991年 130系
9代目クラウン 1991年~1995年 140系
10代目クラウン 1995年~1999年 150系
11代目クラウン 1999年~2003年 170系
12代目クラウン 2003年~2008年 180系
13代目クラウン 2008年~2012年 200系
14代目クラウン 2012年~現在 210系

クラウンは当初、「トヨペット・クラウン」という名称だったのですが、 4代目から「トヨタ・クラウン」に改められました。

5代目クラウンからは「ロイヤルサルーン」のグレードが登場し、現在のクラウンの源のようなものが完成されました。
9代目クラウンから「クラウン・マジェスタ」が登場し、クラウンの上位版として人気を集めました。

11代目クラウンからは「クラウンアスリート」が登場し、若い世代にも指示を得るようになります。

そして、13代目でクラウンもエコの時代に突入し、「クラウンハイブリッド」が登場。
14代目(現行)では「ハイブリッドロイヤル」「ハイブリッドアスリート」が登場しています。

-豆知識

Copyright© 【クラウン買取】あなたの地域で最適な買取業者を提供します , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.