クラウン買取メイン画像

クラウンを廃車にすると?

クラウンは高級車ゆえ、需要がすくなく、中古車市場では値落ちも激しいクルマです。
しかし、高級車ですので、造りが大衆車と比べるとしっかりしており、経年劣化、使用劣化のペースも遅いです

ですので、大衆車では査定額がつかないような状態でも、クラウンなら査定額がつくケースが多いです。

つまり、値落ちは早いが、買取価格の下限が大衆車より高いということです。

自分の判断で廃車にしてしまう前に、 しっかり査定額がつかないかどうかを確認するようにしましょう。

現在ではオンライン査定がありますので、気軽に現在のクルマの価値を知ることができます。
査定額がつかず、止む終えず廃車にする場合は、

・無料引取り
・廃車代行

を利用せず、なるべく自分で廃車手続きをし、解体処分するようにしましょう。

なぜかと言いますと、 廃車代行は文字の通り、代行してもらうので「代行費用」がかかります。
廃車手続きだけでも1万円前後。 解体までとなると数万円の出費は覚悟しなければなりません。

一方無料引取りは、 廃車の手続きまで無料で行ってくれる業者もありますが、 こちらに旨みがありません。
廃車代行と比べたら費用はかかることがないので、そこがメリットともいえますが、 できるならお金が入ってきてほしいものですよね。

ですので、廃車手続きは自分で行い、その後解体業者に自分で持ち込めばいいのです。
解体業者に車を持ち込むと、「鉄くず」代金を数万円もらえます。

解体業者にとっては鉄は価値があるものなんです。
これが無料引取りのカラクリとなります。

上記のことを自分で行えば、 廃車の際も数万円手元に入ってくるので、査定額がつかない場合、実践してみるといいでしょう。

10万キロ、10年落ち程度ではガンガン査定額がつきます。
そのような状態で廃車にしてしまうのはもったいなさ過ぎます。
10万キロ、10年落ちのクラウンの売却は下記ページを参照ください。
>>10万キロ、10年落ち超えのクラウンの買取

サブコンテンツ

このページの先頭へ